オンライン葬儀の提案・お勧め

「大幅費用削減・非接触」で無理・無駄のない葬儀を

小規模とされている家族葬でも ❶ 出費が大き過ぎて負担となり無理がある ❷ 喪主、遺族が数人と少人数で行うと費用が割高になるので 無駄な出費が多過ぎる等費用の面から 葬儀を断念せざるを得ない方にご検討をお勧めいたします。

〈オンライン葬儀のあらまし〉 ライブ配信の僧侶のお勤めをオンラインで受信して ❶ 喪主、遺族は自宅、自室、入所施設、式場等に祭壇を設置、 ご遺体を安置、前机(台)に焼香路炉、 モニター画面(パソコン,タブレット、スマホ)を設置して参拝。 ❷ 火葬後、お骨を安置しての骨葬儀のかたちでする場合は、 ご遺体の代わりにお骨を安置するかたちで参拝。 ❸ その他の各遺族縁者は、各自宅、自室等場所に モニター画面(パソコン,タブレット、スマホ)を設置して参拝。 ❹ 火葬に立ち会う喪主、遺族は、火葬炉前(斎場によっては手前のお別れ部屋)に 前にモニター画面(パソコン,タブレット、スマホ)を設置して炉前読経で参拝。 のかたちで行います。 ❺ 直葬(葬式なしで火葬)の場合で、炉前読経で参拝をしたい場合は❹のみで参拝。

オンライン葬儀概略図

〈メリット〉 1 喪主、遺族が1人であってもOK。 2 式場でなくても自宅、自室、入所施設等どこでもOK。 3 費用増加なしで何か所(何人)でもOK。 4 式場に出向かなくてもいいので、身体、時間、交通費等負担軽減 5 全国どこでも参加OK、遠方の方が出向く必要がない。 6 直葬(葬儀なしで火葬)で炉前読経を希望する場合、炉前読経だけでも対応OK。 等々で、超小規模(喪主1人でもOK)で参拝者が多数(箇所) でも、直葬費をベースとした低額費用で無理・無駄のない葬儀ができることが大きなメリットです。 より費用低減を必要とする方には、㈰「直葬」に炉前読経あり、または ㈪火葬後お骨を安置しての「骨葬儀」での対応を提案します。

オンライン葬儀の私の思い  私がNPO活動で無料仏事相談を18年半してきました結果、経済状況が厳しいことで葬儀を行わない、行えないという葬儀難民と言える方が増えています。  私の調べではある調査によると、全国で「信仰心のある人」は全体の52%を占めます。さらに「信仰している宗教が仏教の人」が93%となっています。  多くの方は、親など身内が亡くなったときに葬儀をしたいと思っています。  しかし今、小規模とされている家族葬でも ㈰出費負担が大き過ぎる ㈪喪主、遺族が数人と少人数でとなると費用が割高になる等、費用負担の面から特に葬儀を断念せざるを得ない方、葬儀難民と言える人が増えています。  こうした方々が葬儀、法事等仏事で困るという社会課題を解決したいと考え、コロナ禍を凌ぐためだけではなく、大幅に費用削減することで少人数でも無駄がないかたちで無理なく行える「オンライン葬儀を」に提案、推奨してサポートしていきたいと思っています。  さらに、費用軽減を必要とする方には、㈰「直葬」で炉前読経あり ㈪火葬後お骨を安置しての「骨葬儀」をオンライン葬儀に準じたかたちとして提案します。  信仰心、拝む心、供養・弔う気持ちを持っている方が家族の死を迎えてご自身一人が家族として残された場合こそ、せめて無理、無駄のないオンライン葬儀を行ってもらいたいのが本望です。  なお、オンライン葬儀を提案、推奨するに当たって、ご依頼がある場合は、私が僧侶として心に寄り添ったかたちのお勤めを賜る所存です。                                                   小原崇裕 拝

オンライン葬儀をお考えの方はお気軽にご相談ください。 私の思いに賛同していただける葬儀社様、ぜひご連絡ください。

仏事サポート

オンライン葬儀お問い合せQ&A はこちら

事前・事後の仏事、人生相談(カウンセリング無料サービス付)